キコニアのなく頃にWiki

Let's talk about Ciconia When They Cry

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

phase1:登場人物

  

「phase1 代わりのいる君たちへ」の登場人物

ガントレットナイト

その他

スリーパーソン

プロメテウス騎士団

モブ

AOU環北極洋連合

The Arctic Ocean Union
B3Wの超大陸、AOUアメリカとAOUロシアが連合の中核となった陣営。
B3Wの世界秩序の回復が最大の目標で、両中核国によって再び、世界の覇権を握ることを目論んでいる。
核戦争後には出産の工場管理を選択。急速な人口回復と、遺伝子の取捨選択により、様々な遺伝病の克服にも成功する。
人権意識が非常に高いことで知られ、世界の正義をリードしていると自称していて、他国の人権問題への介入を好んでいる。
工場生まれの人間の国である為、他陣営には冷酷な国民性だと思われている。

ウォーキャット

AOU統合軍本部直属 第0017空挺機兵分隊 ウォーキャット

現在のAOU全空挺機兵分隊で最強のケッテ。並み居る強力なライバルたちとの激戦の末、国際平和軍旗祭AOU代表の座を勝ち取った。
ケッテの編成は前衛2+後衛1。
いわゆる車掛の陣形で、前衛が疲労する前に後衛と交代することで、常に前衛2人を維持して任務を続行できることを想定している。
しかし多くの場合、前衛の都雄とジェイデンがほとんど疲労せずに任務を成功できてしまう為、控えのギュンヒルドが表に出ることは滅多にない。これほどの強さを持ちながらも、まだ控えを温存できていることは、他陣営のケッテにとって脅威的だ。
分隊単独で敵防空網を突破、目標上空の航空優勢を確保しつつ、地上目標を攻撃、その後、友軍を航空支援と、全てを行おうというスタイルは、軍隊の域を超えて、もはやスーパーヒーローでさえある。

都雄

御岳 都雄(Mitake Miyao)

AOU日本出身

AOU統合軍本部直属 第0017空挺機兵分隊 ウォーキャット所属

P3値の最高測定値において世界記録を保持。その圧倒的な数値は世界2位を大きく引き離している。

現在のガントレット技術は彼のP3値のほとんどを活かし切れておらず、技術が彼の才能にまったく追い付けていない状況である。

この特異な才能に対し、すでにAOU次世代遺伝子研究所とAOU統合議会は、彼の遺伝子解明に1億$の予算を可決している。

特筆能力
  • <高出力P3能力者(SS)>

    平均的な空挺機兵の最高測定値を平均値で易々と上回るP3値は、彼こそガントレットナイトの申し子であることを示している。今後、ガントレット技術の向上でますますその真価を発揮するだろう。

  • <多弾頭ミサイル誘導(SS)>

    圧倒的多数の高機動誘導ミサイルを同時かつ精密に誘導することによる多目標同時攻撃、もしくは単一目標への飽和同時攻撃を得意とする。これは、全ての任務にパーフェクトに対応できることを示している。

  • <僚機観察(S)>

    敵以上に僚機の動向を厳しく観察している。実戦では常に味方との連携を意識でき、訓練では終了後に味方にタップリのダメ出しをすることが出来る。

ジェイデン

ジェイデン(Jayden)

AOUアメリカ出身

AOU統合軍本部直属 第0017空挺機兵分隊 ウォーキャット所属

CPPが上位を完全に独占するAOUアメリカ一斉P3検査において、NPPでありながらトップ3入りを果たす。

その後の検査で、脳内生成物質及びその受容体に特異な傾向が確認される。AOUアメリカ国防高等研究所はこれを、CPPに勝るとも劣らない極めて希少な脳力であると認定、特別研究対象に指定している。

ただし、展示飛行訓練中にフロリダ上空にカラースモークにて猥褻物を描いた行為により、米本土での飛行は永久禁止処分中である。

特筆能力
  • <超天才ジェイデン様(SS)>

    平均P3値も非常に高いが、特に、いわゆる絶好に調子に乗った時に爆発的なP3値を発揮することが出来る。ただし、絶好に調子に乗っているので、周りは面倒臭い。

  • <ウォーキャットの両爪(SS)>

    彼と都雄の二人掛かりによる飽和同時攻撃は絶大という言葉も生温い。ただし都雄曰く、無意味なオーバーキルで、別にジェイデンまで一緒に撃つ必要はまるでないとのこと。

  • <常時奇襲検索(S)>

    型破りが好きな彼は常に何か奇策がないか並列思考で検索し続けている。戦闘中は一定確率で奇策を入手する。いわゆる、ぴこーん、余計なこと閃いた!である。

ギュンヒルド

ギュンヒルド・グスタフソン(Gunhild Gustafsson)

AOUスウェーデン出身

AOU統合軍本部直属 第0017空挺機兵分隊 ウォーキャット所属

3歳児検診では平凡なP3値だった為、選抜育成課程には零れるものの、その後、後天的PP訓練により、劇的に値を向上。

12歳という極めて遅い年齢で選抜課程に入るものの、その後も脳力の成長は止まらず、才能より努力で北欧のトップエースとなった。

AOU統合軍空挺機兵司令部は、PP訓練メソッドの研究開発会議に発言権を認める参事官特別補佐の資格を与えている。

特筆能力
  • <戦域8MS観測(S)>

    8MSにより敵味方、戦域の全てを観測して戦況を分析。僚機に情報共有することが出来る。並列思考で行なっている為、自身による僚機の援護も疎かになることはない。

  • <オールラウンダー(S)>

    何事も器用に完璧にこなせる彼女は、戦況に応じて誰とでもポジションを代わり、代行することが出来る。しかし、都雄とジェイデンに、彼女の代行をすることは出来ない。

  • <PP訓練メソッド(S)>

    低P3値者向けの向上訓練を指導することが出来る。彼女の指導で正規の空挺機兵になれたとする者もおり、多くの訓練生たちから慕われている。

グレイブモウル

AOU統合軍ギローイ重4度軍事研究所所属 第100空挺機兵実験分隊 グレイブモウル

軍事研究所に所属する実験分隊で、国際軍旗祭には研究データの取得を目的に政治的判断で代表が決まった。
ケッテの編成は、後衛2+狙撃1という超防御型。
防御拠点の自動兵器全てをクロエが管理し、リリャが防空ドローン群で空域を支配し、さらにコーシュカが狙撃手として迎撃に専念するスタイルは、軍旗祭の種目の1つであるタワーディフェンスに最も特化していてメダルが期待されている。
国際平和調停機構による健全な軍事バランスの調整で将来、世界軍事力が防御型にシフトするとの憶測があり、それを見込んでのスタイルのようである。
と書くと、彼女たちが臆病な芋スナのような印象を受けるのだが、当の彼女たちは空戦や混戦が大好きで、突スナというとんでもないジャンルを目指しているようである。

クロエ

クロエ・アイアンサイド(Chloe Ironside)

AOUカナダ出身

AOU統合軍ギローイ重4度軍事研究所所属 第100空挺機兵実験分隊 グレイブモウル所属

選抜育成過程に選ばれたものの、その後、成績が低迷し、自信を喪失。連携行動時に著しく成績が低下する傾向があり、自己肯定感の過度の低さが原因であると診断されている。

現在はギローイ重4度軍事研究所にて、カウンセリング及び脳力適正化研究プロジェクトに参加している。

その成果もあり、現在は北米トップを争う実力を評価されている。

特筆能力
  • <自動兵器火器管制(SS)>

    戦域内の自動兵器にアクセスして自身の高度な火器管制を付与する能力に群を抜いて長けている。さらには敵の自動兵器までハッキングして使用できる。

  • <実験体強制制圧(S)>

    ギローイ重4度軍事研究所所属の実験体暴走時に電撃鎮圧できる非常コードを所有している。だが、使用するとコーシュカとリリャに仕返しされるので、まだ使ったことはない。

  • <単独行動特化(A)>

    単独行動時にP3値が大幅に増加する。逆に僚機を伴う時には大幅に低下する。クロエはグレイブモウルを抜けたくて、毎月、異動届を書いては小此木に却下されている。

コーシュカ

コーシュカ(Koshka)

AOUロシア出身

AOU統合軍ギローイ重4度軍事研究所所属 第100空挺機兵実験分隊 グレイブモウル所属

第一級犯罪者(罪状は非公開)として服役中だが、ギローイ重4度軍事研究所の実験体に志願することと引き換えに釈放される。

同研究所及びAOUロシア政府は、彼女の脳力詳細を非公開にしており、その才能とポテンシャルは不明である。

P3値の測定幅が非常に大きく安定しない。しかしただ一度だけ非公式ながら最高測定値で世界トップの都雄をはるかに上回ったとされている。

特筆能力
  • <パンドラの箱(SS)>

    研究所が付けた彼女の脳のコードネームらしい。その中にはあらゆる災いが詰まり、その奥底には希望が眠ると言われるが……。

  • <超感覚予測射撃(S)>

    定石にも統計学的にも基づかない超感覚での予測射撃は、まぐれと決め付けるのは難しい命中率を持っている。シミュレーター内では、跳弾飛行の標的の狙撃にも数度、成功している。

  • <ディメンジョンコンテナ不適正(-A)>

    ディメンジョンコンテナの武装量が極度に少ない。彼女はそのわずかの武装量に、対空挺機兵用の強力な電磁バトルライフルを選択している。

リリャ

リリャ・ヴィリヤカイネン(Lilja Viljakainen)

AOUフィンランド出身

AOU統合軍ギローイ重4度軍事研究所所属 第100空挺機兵実験分隊 グレイブモウル所属

第一級犯罪者(罪状は非公開)として服役中だが、ギローイ重4度軍事研究所の実験体に志願することと引き換えに釈放される。

服役前のスオメンリンナ空挺機兵学校での成績は絶大であり、未だに同校においてそのスコアは破られていない。

服役前と現在で性格及び人格の大きな変容が認められており、所属研究所の何らかの実験の影響ではないかと噂されている。

特筆能力
  • <粘土の少女(SS)>

    研究所が付けた彼女の脳のコードネームらしい。神は粘土から人間を生み出したと言われているが……。なお、研究所ではコーシュカとは別の棟の為、互いに相手にどんな秘密があるのかは知らない。

  • <空域武力支配(A)>

    多数の自動兵器を濃密に展開して行なう空域支配は、完成後、如何なる敵にも退却か死を強要することが出来る。強力なスキルだが、展開に時間が掛かる。その展開時間自体をプレッシャーに使うことも可能。

  • <器用貧乏(B)>

    まるで子供の玩具箱のように、武装の内訳は多種多彩。何でも器用に扱えるが、得意武器はと聞かれると即答できない。しかし、如何なる状況にも必ず対応できる武装を所持している。

COU環中央洋連合

The Central Ocean Union
B3W末期に台頭した新興超大国、COU中国とCOUインドが連合の中核となった陣営。
AOUによる旧世界体制への復帰に反発して結成された。その為、設立の段階からAOUとは対立した関係になっている。
全陣営の中では、唯一、B3Wから変わらぬ価値観を採用しており、古くからの伝統と人情が息づく唯一の国家群と自称している。その為か、他国を冷酷な非人道的国家と見下している傾向がある。
カネとコネが物を言うお国柄だと言われ、他陣営には腐敗した国家だと思われている。

白豹(バイバオ)

COU統合軍本部直属 親衛空挺機兵分隊 白豹

現在のCOU全空挺機兵分隊の頂点を極め、そして君臨し続けることを宿命とするケッテ。
ケッテの編成は前衛1+遊撃1+サポート1。
白豹隊は、3人揃ってを1人の剣士と見立てており、攻撃の要の剣が鈴姬、もう片手の攻守自在の短剣が百武、目と耳がアイシャ、という感じで役割を明確化している。
それゆえに、歯車が1つでも欠ければ機能しなくなる恐れもあるのだが、現にこのケッテは最高の形で機能し、COU空挺機兵の頂点を極めている。
特に制空任務に特化しており、中でも対空挺機兵戦を強力に意識したケッテとなっている。
余談だが、COU中国軍の空挺機兵ケッテには、白豹隊にあやかって、白や豹の字を取り入れたケッテが乱立していて、ちょっと紛らわしい。

鈴姬

劉 鈴姬(Liu Lingji)

COU中国出身

COU統合軍本部直属 親衛空挺機兵分隊 白豹所属

新生児脳力測定で国家特別強化対象に認定。以後、最高の人材と機材と予算による最高の教育を得て、COU全加盟国を代表する空挺機兵の女王となることを宿命づけられ、その期待に見事応えたCOU最強のガントレットナイトである。

崑崙軍事研究都市は、彼女の脳力のコピー化を目的に、先日、5ヵ年計画で毎年1億ウォンの予算を申請し、認可された。

特筆能力
  • <天才空挺機兵適性者(SS)>

    脳内構造の全てが、空挺機兵になる為に生まれてきたほどの奇跡である。彼女が世界最強のガントレットナイトの座を争うことに誰も疑問はない。

  • <空中近接格闘術(SS)>

    一対一の対空挺機兵戦に特化した肉薄決戦戦術を編み出している。中国武術をベースにすると言われるそれは、強力かつ華麗であり、COUエースたちがこぞって模倣しているが、会得できた者はいない。

  • <敗北を知りたい(S)>

    超感覚的に、無意識な選択で常に正解できる能力。ある種の天才、もしくは超能力の一種。チベット超能力研究所は、これを超能力と認定しているが思春期限定の発現で、早晩に失われるものと評価している。

百武

百武(Momotake)

COU日本出身

COU統合軍本部直属 親衛空挺機兵分隊 白豹所属

COU空挺機兵女王の鈴姬の援護を目的に、P3値の優秀さ以上に、連携とコミュニケーションの相性を高く評価されて白豹に配属された。

測定数値だけで見れば決して最優秀とはいえないが、鈴姬の戦果を最も引き出せる最高の僚機は彼であると判断されている。

それでも出身校である那覇空挺機兵士官学校では開校以来の最高英雄であり、最近、彼の銅像の除幕式が行われた。

特筆能力
  • <次元斬(SS)>

    異次元格納技術を応用した、対象を斬って異次元に消し去ることの出来る彼の脳力にだけ許された必殺技。絶大な威力だがリーチはあまりに短い、いわゆるロマン系必殺技。

  • <8MSステルス・縮地(S)>

    8MSの気流情報を得ることで、敵リーパーズアイ捕捉の死角を一瞬だけ突く行動が出来る。ただし、その為の情報は自身には観測できず、サポートの必要がある。

  • <武士的頑固者(-A)>

    自身が認めた者としか決して組まない頑固者。唯一認める鈴姬と出会うまでは、ただの扱い難いボッチ空挺機兵だった。実力を認めた相手には、まるでワンコのように付き従う。暑苦しい。

アイシャ

アイシャ(Aysha)

COUインドネシア出身

COU統合軍本部直属 親衛空挺機兵分隊 白豹所属

候補生時代は努力家で知られ、模範生として高い評価を受けたが、才能は平凡以下と測定される。後に志願して、崑崙軍事研究都市へ被験者として異動する。

研究の結果、8MSを通じた空域内の観測に絶大な才能を示し、観測警戒を専門とする特化型技術兵として再び空挺機兵に返り咲く。

また、後に鈴姬との相性診断でも優秀な成績を収め、大抜擢を受けて白豹に配属。その活躍を支える最強の支援要員となる。

特筆能力
  • <戦域8MS観測(SS)>

    彼女が戦域に存在すれば、時間の経過は全て、彼女に味方する。その戦域の全ての事象は次々と、彼女の前に丸裸にされる。そのプレッシャーは、弾ひとつ放たれなくても凄まじい。

  • <戦況戦術分析(SS)>

    観測された膨大なデータから戦況を瞬時に判断し、最適な戦術を提案できる。まさに白豹隊の目であり頭脳なのだ。

  • <空挺機兵適性不適(-S)>

    空挺機兵としての才能は及第点にぎりぎり届かない。激しい空中機動も苦手。武器の扱いも辛うじてというレベル。しかし、彼女の戦況分析が与える白豹隊の戦果は、それを全て帳消しにして余りあるものである。

スパルナ

COU統合軍中央総隊第1支部 第301空挺機兵分隊 スパルナ

COUの宣伝方針の為、白豹隊ばかりが神格化されていて、スパルナ隊は不遇な扱いを受けているが、その双璧を為すには十分な実力を持っており、当然、国際軍旗祭へ代表として参加している。
ケッテの編成は、遊撃1+後衛1+後方火力1。白豹隊とは真逆に、非空挺機兵戦を主任務としている。
基本的には安全な遠方から、アンドリーによる遠距離ミサイル攻撃を行い、それをスジャータとルクシャーナが護衛、というスタイルになっている。
ただそのミサイルキャリアー型運用は空挺機兵以前の古い空軍思想によるもので、空中白兵戦という概念が生まれた今日には通用しないと分隊長のスジャータは考え、より近代的な戦術と編成を取り入れるよう上層部に陳情しているが、彼らの無理解に難航しているようである。

スジャータ

スジャータ(Sujatha)

COUインド出身

COU統合軍中央総隊第1支部 第301空挺機兵分隊 スパルナ所属

新生児脳力測定で国家特別強化対象に認定され、空挺機兵士官学校でも抜群の成績で卒業する。

だが最近、特定のストレス下ではP3値が不安定になる不適正が発見される。

現在、彼女のこの不適正を克服する為に、研究チームがサポートを開始している。

非常に生真面目で、勝手に自身を高ストレス下においており、サポートチームは彼女に休養と趣味活動を推奨し続けている。

特筆能力
  • <空挺機兵戦術先駆者(SS)>

    新しい兵種である空挺機兵の基礎戦術について熱心に研究し、会得している。これは空挺機兵としても教官としても優秀であることを示している。

  • く不死身の鬼神(S)>

    敵への肉薄時に優れた集中力を発揮し、最大効率でリジェクションシールドを使いこなすことが出来る。如何なる攻撃も弾き返しながら迫る彼女は、不死身の鬼神の名に相応しい。

  • <不断の自己研鑽(A)>

    日夜、自己研鑽に励む為、彼女の成長が止まることはない。ただし、常に高ストレス下にあり、一部臓器にもダメージを与え続けている。

ルクシャーナ

ルクシャーナ(Rukhshana)

COUサウジアラビア出身

COU統合軍中央総隊第1支部 第301空挺機兵分隊 スパルナ所属

出身国では空挺機兵学校は男子のみであったが、彼女のあまりにずば抜けたP3値に、国王は特例で入学命令を与えた。

性格は空挺機兵向きではないが、各種訓練での成績は何れも最優秀。シミュレーター成績はCOU中東地域のトップを記録。

非好戦的な性格と防御を主体にした特性は、平和を守る戦士を最も体現していると言われ、高い評価を得ている。

特筆能力
  • <守護の女神(S)>

    敵の攻撃を防御する適性が極めて高い。迎撃可能であれば迎撃し、守る必要があれば僚機を自らのシールドで庇う。その代償としてなのか、自分が敵を攻撃する適性は、それほど高くはない。

  • <リジェクションシールド適性(S)>

    リジェクションシールドに優れた適性があり、わずかの負担で、素早く確実に展開することが出来る。スジャータの能力とは逆に、守勢時に最大効率を発揮する。

  • <8MSステルス・隠密(S)>

    激しい戦闘機動を起こさない限り、まるで浜辺の砂の城がいつの間にかゆっくりと波に解けて消えていくように、リーパーズアイの捕捉からゆっくりと消えることが出来る。

アンドリー

アンドリー(Andry)

COUマダガスカル出身

COU統合軍中央総隊第1支部 第301空挺機兵分隊 スパルナ所属

これほどの才能が全国検査で発見されなかったのは、彼がサボり屋で学校の検査日にいないことが原因だったとされる。

未就学時からの編入が一般的な空挺機兵課程に13歳からの編入は異例で、全世界のエースの中で最も遅咲きであることを示し、同時に最も短期間で現在の地位に登りついたことも示している。

特筆能力
  • <眠れる獅子(SS)>

    天才で要領のいい彼は、初めてであろうと習っていなかろうと、一度見ただけで完璧に身に付けることが出来る。ただ、天才の宿命なのか、彼のダンディズムなのか、面倒臭がり屋を装い、実力を見せたがらない。

  • <長距離戦適性(A)>

    地形に隠れ、安全な距離から安全に攻撃を仕掛けることを好み、その適性を持つ。彼にとっては、確実な戦果よりも、一切の損害のない帰還の方が価値があるのだ。

  • <長距離高機動誘導ミサイル(A)>

    空挺機兵さえも追跡できる高機動かつ長射程で高威力のミサイル誘導に長ける。姿を晒さず、一方的に追い回して相手を疲弊させ、血を見ずに退散させることこそ、彼の美学なのだ。

ABN欧州中東連合もしくはエイブラハムの兄弟連合

The Abrahamic Brother Nations
第三次世界大戦の終結を機に、対立関係にあった三宗教が歴史的和解を成立させる。その結果、誕生したのがこの宗教国家群である。
宗教的な伝統や戒律を非常に重んじており、信仰の自由を守る為、他宗教を中傷することは固く禁じられている。それを監視する宗教警察も非常に厳しいことで有名だ。
戒律と伝統、そして宗教芸術を尊ぶ、美しく慎み深い国家群であると自称している。その為、そうでない他陣営を憐れみ、教化しようと影響力を拡大している。
宗教警察の権限の強さから、他陣営からは言論の自由のない警察国家だと思われている。

サラーサット・スユフ

ABN平和省所属 神聖0901空挺機兵分隊 サラーサット・スユフ

ABNの謎に包まれた切り札、ナイマを中心に据えたケッテで、COUの白豹隊と同様のワンマンエース型である。
ケッテの編成は前衛1+遊撃2、もしくは前衛1+サポート2。状況に応じて、スタニスワフとナオミがナイマへのサポートを切り替えるスタイルになっている。
ナイマはつい最近まで研究隊所属でその存在はずっとヴェールに包まれてきた。国際軍旗祭の代表に選ばれることで初めてその存在を知られることとなったのである。それはつまり、彼女という研究体が、軍旗祭で陣営の名誉を賭けて戦うに値するだけの戦闘力を完成させたことを示すのだろう。
空挺機兵とは、数の勝負なのか、1人の天才が制するのか。その答えの鍵は、サラーサット・スユフが握っている。

ナイマ

ナイマ(Naima)

ABNイラク出身

ABN平和省所属 聖0901空挺機兵分隊 サラーサット・スユフ所属

ベルリン平和友情研究修道院に特別教育院生として0歳から所属。空挺機兵のエリート教育を受けてきた。

投薬によってP3値のピークを人為的にコントロールする訓練を受けており、ピーク時には他国のトップエースをも凌駕すると噂される。

彼女の脳は投薬による損傷を受けないが、研究過程で大勢の院生が脳損傷を受けたとの真偽不明の告発がある。

特筆能力
  • <状況特化人格選択(SS)>

    状況に最も適応した特化人格に投薬によって自在に変更できる。個々の人格の個々の状況適応力は各国エース級であり、その総合力は世界最強を争えるレベルである。

  • <脳内物質受容体適性(SS)>

    投薬に対し最大の効果を得ることが出来る。受ける脳損傷も最低限に抑えることが出来る。これは、以後に開発されるさらに強力な薬物の恩恵を最大限に受けられることを示す。

  • <ディメンジョンコンテナ拡張(S)>

    ディメンジョンコンテナの収納力に優れた適性を持っている。これにより他の追随を許さない桁外れの武装量を得ている。ちなみに小さい身体で大食いの彼女は、その胃袋がディメンジョンコンテナに繋がっていると囁かれる。

スタニスワフ

スタニスワフ(Stanisław)

ABNポーランド出身

ABN平和省所属 聖0901空挺機兵分隊 サラーサット・スユフ所属

ABN空挺機兵は投薬によるP3値管理を熱心に行なっており、部隊には必ず医務担当が所属して空挺機兵たちの体調管理を行なっている。

彼は空挺機兵でありながら医師資格も持つ希少な人材で、平和省の秘密兵器であるナイマの随伴管理を任務としている。

医師らしい冷静さは感情に無駄な脳内リソースを割くことはなく、如何なる状況でも冷静に行動できるよう訓練されている。

特筆能力
  • <僚機体内8MS管理(S)>

    戦闘時であっても、僚機の体調や能力を正確に判断し、管理。状況に応じた投薬を、僚機のオートインジェクションに指示することが出来る。

  • <空挺ドクター機兵(S)>

    医師と空挺機兵を両立することが出来る、恵まれた才能を持つ。空挺機兵としての戦闘力も、一般の空挺機兵と比べて何の遜色もない。ダイエットや美容にも明るく、思春期の空挺機兵少女たちにモテモテだ。

  • <重砲適性(S)>

    艦砲クラスの重砲の召喚と火器管制に適性がある。強力で長大な射程の砲弾は敵陣地を一方的に叩き、対空挺機兵用の強力な榴散弾は空域単位で強力なダメージを与えられる。

ナオミ

ナオミ(Naomi)

ABNフランス出身

ABN平和省所属 聖0901空挺機兵分隊 サラーサット・スユフ所属

モンサンミシェルの研究修道院にて投薬による脳内最適化訓練を修了。本来は平凡なP3値でありながら、高度なリソース管理により任務中には各国エース級の非常に高いP3値を発揮できるようになっている。

最適化訓練の過程で一部の感情と記憶に欠損を訴えており、ABN健康省はこれを12級傷痍軍人と認定。月に3ユーロの手当が支払われている。

特筆能力
  • <脳内最適化訓練修了(SS)>

    いくつかの感情と記憶の欠損と引き換えに、P3値の極めて高い上昇と、高い空挺機兵適性を得ている。欠損した感情は、空挺機兵適性に役立つものではないので、問題はない。

  • <薬剤師課程修了(A)>

    薬物の取扱、及び投与の知識と技術を持っている。スタニスワフの能力をサポートすることが出来る。

  • <ディメンジョンコンテナ拡張(A)>

    多種多様な武装を格納できる適性を持つ。割と何でも格納しているが、割と何に使うのかわからない物も多い。格納する武装は本来、軍が選定したものに限られるが、政治的禁止物以外は、多少の私物も許されている模様だ。

イェルダット・シャヴィット

ABN平和省所属 第012聖なる代行者隊 イェルダット・シャヴィット

ABN指導部は空挺機兵誕生の当初から、エース空挺機兵が叛乱を起こした際に、鎮圧が可能なのかという疑問を持っていた。その為、ワンマンエースのサラーサット・スユフとは真逆に、3人掛かりで1人のエースに対抗するという思想に基づいた試行錯誤を行なった。イェルダット・シャヴィット隊は、その中の成功作なのである。
また、聖なる代行者隊は、いわゆる若者向けの宣伝部隊呼ばわりされているが、その実態は督戦隊ではないかと言われている。
彼女たちの真の任務は、後方で味方空挺機兵を監視し、万一、裏切りや亡命などを試みる時には始末する任務があるとの噂がある。
ケッテの編成は前衛3。3人掛かりで1人のエース反逆者を瞬殺することに特化していると言われる。
ただ、これはあくまでもネット怪談の一種に過ぎないという説も。アイドルのように輝く彼女たちを妬む若者が、ネット上にいない訳ではない。

レア

レア(Leah)

ABNイスラエル出身

ABN平和省所属 第012聖なる代行者隊 イェルダット・シャヴィット所属

空挺機兵としての適性よりも、広報活動の歌唱力やダンス等が高く評価されている。

P3値は非開示だが、優れた適性は疑いようもなく、ABNガントレットナイトのエースに名を連ねている。

ABN平和省に出向前はABN善導省に所属。それ以前の履歴は“善行に関わる活動の非開示”により非公開。

特筆能力
  • <彗星式三位一体殺法(SS)>

    3人掛かりで1人の敵エース空挺機兵を瞬殺する特殊戦術を会得していると言われる。エース殺しの必殺技のようだが、3人掛かりで刺し違える技とも囁かれ、真価はヴェールに包まれている。

  • <僚機観察(S)>

    味方空挺機兵の状況を精密に観察できる。高度な戦況判断と個々の味方の戦果査定を瞬時に行なうことが出来る。都雄の同名スキルと同格の能力。ただしこちらは、内容を上官に全て報告される。

  • <代用武器戦闘術(A)>

    ガントレット非装備時においても、生活用品を用いた暗器術に精通し、高い戦闘力を有している。
    彼女にかかれば、ガムの噛みカスからペットボトルの蓋まで何でも凶器になる。特にメガネを使った暗殺術は一見の価値アリ。

ファトマ

ファトマ(Fatma)

ABNトルコ出身

ABN平和省所属 第012聖なる代行者隊 イェルダット・シャヴィット所属

現役空挺機兵の日常を発信する大人気ブロガーで、ABN小学生へのアンケートではその知名度で常にトップ3に名を連ねている。

ABN平和省出向前はABN宣教省で宣教訓練を受けていたとの情報もある。

P3値は非開示だが、その優れた機動からかなり高い数値と高水準の空挺機兵適性がうかがわれる。

特筆能力
  • <彗星式三位一体殺法(SS)>

    華麗な3人掛かりの連携必殺技とされ、動画でもエフェクトたっぷりで公開されている。しかしもちろん、それは動画向けのお遊戯に過ぎず、その真の実力は言うまでもなく非公開である。

  • <超感覚心理分析(S)>

    わずかの仕草や会話から、相手の心理を的確に分析できる原理不明の非統計的な超感覚の心理分析術を持つ。分析相手の文化圏や生活圏が自身に近付くほど、その精度は飛躍的に高まる。

  • <大人気ブロガー(A)>

    ABNの若者への高い発信力を持つ。時折、政府に批判的なブログを掲載するのだが、それに同調したコメントを残した人物が、それを境に一切、コメント欄に現れなくなる現象がある。

ステファニア

ステファニア(Stephania)

ABNルーマニア出身

ABN平和省所属 第012聖なる代行者隊 イェルダット・シャヴィット所属

ABN全国の小学校を巡回し、平和修道院への入院希望者を募るキャラバン隊の元アイドル。

P3値は非開示だが、キャラバン隊の動画内で測定した際には、簡易計測と断りつつも世界規模の数値を出している。

なお、同隊のアイドルたち20人で体験入隊するイベントが行われたが、彼女以外はその後、動画に登場しない。

特筆能力
  • <彗星式三位一体殺法(S)>

    まだ未熟ながらも筋はいいらしく、イェルダット・シャヴィット隊の代名詞でもあるこの必殺技を何とか会得している。その訓練に奮闘する姿は配信され、大勢のビュワーとイイネ!を得た。

  • <脳内最適化訓練修了(A)>

    極度の高所恐怖症で、空挺機兵として離陸する度にキャーキャーと騒ぐのが動画的なひとつの名物となっている。実際には、最適化訓練によってすでに克服されており、その名物は完全な演技である。

  • <僚機連携(A)>

    さすがアイドル。連携行動はお手の物。わざと自分だけドジって目立つあざとい術も知っている。さすがアイドル。

ACRアフリカ連合王国

The Africa Commonwealth Realm
第三次世界大戦直後、英雄王が電撃的にアフリカ大陸を統一。世界陣営の一角を担う強力な国家群を作り上げる。
アフリカ古来の無数の文化や宗教を無理やり統廃合することはせず、連合王が全ての文化と宗教の最高権力者を兼任する形で統治している。
伝統や文化を大事にする一方、AOUに続いて出産の工場管理を行なっており、伝統と新しさを兼ね備える新興国家群を自称している。
王室の一部の人間が、国政の失敗を他陣営に転嫁しており、国民は他陣営がアフリカを再び植民地化する野望を持っていると信じ、過剰に敵視している。
一部の王族の豪遊ぶりから、他陣営には腐敗した王室が民を虐げていると思われている。

6月1日国王陛下巡幸記念隊

ACR王室直属空挺騎士団 6月1日国王陛下巡幸記念隊 通称、601隊

ACR王女であるリーテバイルを活躍させる為だけに存在するワンマンエース型ケッテ。
ACR王室と軍部にとっては、王女の彼女の活躍と雄姿は最高の宣伝素材に他ならない。また、王位継承権から離れており、殉職すれば神格化も出来るので、最高の支援を受けながらも、容赦なく最前線を担わせている。
最も、最前線はリーテバイル本人も望むところであり、どうせ散るならば華々しくと心に決めているようだ。
ケッテの編成は前衛1+遊撃2。基本的にはリーテバイルに活躍の機会を譲るのがイシャクとアブドゥの仕事だが、若い彼女が目先のトンボを追うことに夢中になって視野が狭くなっていることに気付いたなら、容赦なく加勢する。
対空挺機兵戦を特に想定しており、古代の戦いのように、双方のエースが歩み出て決着することで、スポーツマンシップに則り紛争を終わらせられることを一番の理想にしている。

リーテバイル

リーテバイル・イエネントウェンタ・アフリカコモンウェルスレルム(Rethabile Eenentwintig Africacommonwealthrealm)

ACR南アフリカ出身

ACR王室直属空挺騎士団6月1日国王陛下巡幸記念隊所属

王位継承順位21位のACR王室王女。ACR王室の王子王女は全員が極めて高いP3値を持つ優れたガントレットナイトであるとしているが、実際に衆人環視の中で飛行を見せた者は彼女以外にいない。

P3値は天才的数値を示し、幼少時から最高の教育に加え、空挺機兵の申し子のような適性は、南半球最強のエースとの呼び声も高い。

特筆能力
  • <空挺姫騎士(SS)>

    王家の人間として先頭に立って戦って伝説を築き、死ぬことで伝説を完成させる覚悟は、生まれた時から持っている。また、その空挺機兵適性は、彼女1人の育成の為にACR王室が投入した17億クレジットの予算に比例している。

  • <対G8MS適性(SS)>

    物理法則を無視する適性とその機動は誰の追随も許さない。遠近攻守、全てが彼女のタイミングで彼女のイニシアチプで変化できる。無論、平和軍旗祭では飛行トリック部門で金メダルを独占している。

  • <ACR全軍支援(S)>

    王室の空飛ぶ姫君にはACR全軍が常に万全の支援体制を準備している。アフリカの空で、彼女の勝利は絶対である。後方支援は多種多様。ミサイルに情報支援、望めばきっと、マーブルチョコだって飛んでくる。

イシャク

イシャク(Ishak)

ACRアルジェリア出身

ACR王室直属空挺騎士団6月1日国王陛下巡幸記念隊所属

3歳児検診により空挺騎士団の強化育成課程に進み、大勢の天才たちと切磋琢磨した上で勝ち残った叩き上げのエース。

各適性は必ずしもエース級ではないにもかかわらず、努力と闘争心で勝ち残って来た経歴は圧巻の一言。

文武両道で隙がなく、上流階級のマナーも身に着ける彼は、王室直属の空挺騎士に最も相応しいと評価されている。

特筆能力
  • <空挺騎士団百人隊長(SS)>

    今でこそリーテバイルの護衛のように振舞っているが、それ以前は若くして大勢の騎士を従える百人隊長だった。
    指揮能力も高く、リーテバイルの参謀を務めるに足る十分な経験と教養がある。

  • <空中決闘の王者(SS)>

    空挺機兵育成に力を入れるACRでは、空挺機兵による一対一で火器不使用の決闘競技を生み出し、奨励している。
    彼はこの空中決闘で複数の優勝経験があり、白兵距離の空中戦に絶対の自信を持っている。

  • <伝達物質依存症(-A)>

    P3値向上の為に与えられてきた旧来の薬物の一部に依存性が発覚し、重度の依存症に罹っている。
    幸い、十分な量を摂取できており問題はないが、今後も新たな副作用が見つからないとは限らない。

アブドゥ

アブドゥ(Abdou)

ACRセネガル出身

ACR王室直属空挺騎士団6月1日国王陛下巡幸記念隊所属

いくつかのツキのなさから、空挺機兵として優れた才能を持ちながらもエリートコースから弾かれていた。

イシャクによってその才能を見出され、空挺騎士に推薦。リーテバイルに気に入られ、今日に至った。

P3値の測定幅が大きく不安定だが、訓練の数だけ頭角を現すダイヤの原石であるとの評価を得ている。

特筆能力
  • <若さの特権(S)>

    リスクを恐れず何事にも挑戦する若さがある。その為、事前に同意書を求められるような危険を伴う訓練や実験、投薬にも心理コストの負担なく挑戦することが出来る。

  • <オーバーキル(S)>

    多数の火砲を同時に召喚し同時に火器管制を行なえる適性を持つ。明らかに弾の無駄遣いで派手好みな若者らしいスキル。しかし、曳光弾たっぷりでの一斉射撃はかなりの迫力がある。

  • <若年性無敵体力(S)>

    若い。元気。寝なくてもへっちゃら。二次会、徹夜、いつでもへっちゃら。疲労回復薬物に未だ頼っていない。その上、何を食べても太らない。自分は太らない体質なんスよ、とかほざく。20年後に聞かせたい。

王妃陛下カイロ行幸記念隊

ACR統合軍所属 第一空挺騎士団 王妃陛下カイロ行幸記念隊 通称、カイロ隊

ACRは集団行動よりも優れた個人技を評価するお国柄がある。このカイロ隊は、ACR統合軍の全空挺機兵から最優秀の人材を選出して結成したケッテの1つである。
ケッテの編成は、異色の遊撃3。
他陣営のケッテに比べ、連携への制約がまったくなく、自由判断での行動が許されている。これだけを聞けば、ケッテを結成している理由がないようにも思えるが、3人の仲はやや変わってはいるものの悪くはなく、彼女たちなりのルールで、時に連携し、援護し、出し抜きあっている。
この異色のケッテは、意外にも、定石の読みが何も通用しないという強みがあり、他陣営との交流戦では対戦相手にことごとく、動きが読めずやり難かったと言わせしめている。

ヌール

ヌール(Noor)

ACRエジプト出身

ACR統合軍所属 第一空挺騎士団 王妃陛下カイロ行幸記念隊所属

P3値は決して高い訳ではないが、それ以上に、実戦時にそのピークを引き出す自己管理術に極めて優れている。

ACRエジプト空挺騎士団入団時の成績は最低だったにもかかわらず、最終的には不動のトップに至った。

彼女が先祖から伝来しているという精神統一法は、現在、ACR各空挺騎士団にて必修となっている。

特筆能力
  • <ピークコントロール(SS)>

    各国エースであっても、P3値の波に翻弄されて実力を発揮できないことは少なくない。しかし彼女にそれはなく、常に最高のパフォーマンスを発揮できる。

  • <自動兵器召喚(S)>

    自動攻撃ドローンの収納力と同時召喚数、コントロールに優れた適性を持つ。ドローンの種類によってオールラウンドな対応が可能。

  • <大器晩成型(A)>

    ピークの波を大切にする彼女は万事の習得がマイペースでゆっくり目。ただし、何事も必ず習得する。そのマイペースぶりは非常に優雅に見え、若い訓練生たちの憧れの的のようだ。
    しかし、彼女的には優雅そうに見えて、頭の中では色々激しく試行錯誤している。

ガネット

ガネット(Gannet)

ACRエチオピア出身

ACR統合軍所属 第一空挺騎士団 王妃陛下カイロ行幸記念隊所属

ACRエチオピア空挺騎士団に9歳で入団したという天才空挺機兵。

極めて高いP3値に加え、解析不能で本人にも無自覚の超高速脳内処理術は、ある種の超能力と考えられている。

ACR王立脳力研究所は数年間にわたり研究を続けたが、その解析を断念し、研究チームを解散させた。

特筆能力
  • <空に生まれた少女(SS)>

    軍の研究所で生み出されたのではないかと噂されるほどの空挺機兵適性を持って生まれた天才少女。
    魚が誰にも習わずに大海に泳ぎだせるように、彼女は3歳の時点で浮遊に成功しているという。

  • <多砲身機関砲適性(SS)>

    特に多砲身機関砲の弾薬搭載量に極めて優れる。それをまるで花火のように振り回すその姿は無邪気に見える。
    恐ろしいことに、5歳時のシミュレーター射撃訓練では、現役の空挺騎士に比肩する成績を出していた。

  • <思春期性思考障害(-A)>

    天才児だった彼女だが、思春期に入ると思考が散漫になる傾向が出始め、P3値に若干の低下が見られている。
    これを才能の衰えと見るか、ようやく兵器少女が人間に成長したと見るのかは、見る者によって判断が分かれる。

マリアナ

マリアナ(Mariana)

ACRアンゴラ出身

ACR統合軍所属 第一空挺騎士団 王妃陛下カイロ行幸記念隊所属

ルバンゴ幼児脳力研究所にて脳力訓練を受けて育成された幼児の中で唯一、世界順位を争うP3値を記録した。

空挺機兵適性が平凡にも関わらず、絶大な脳力によりACRアンゴラ空挺騎士団で最高の成績を残した。

現在、ACR王立脳力研究所は彼女の空挺機兵適性の向上を目的に、彼女専属の研究チームを発足させている。

特筆能力
  • <高出力P3能力者(SS)>

    世界トップの都雄に肉薄したこともあるほどの高いP3値を持っている。空挺機兵適性が伴わず持て余した才能だが、いつの日にか開花することはあるのだろうか……。

  • <多弾頭ミサイル誘導(SS)>

    大量の高機動誘導ミサイルを自在に曲芸的に操ることが出来る。平和軍旗祭のミサイル誘導(芸術の部)では金メダルを受賞した。
    都雄の同名スキルと違い、同時着弾よりも、奇抜で幻惑的なミサイル機動を得意とする。

  • <CPP性自閉症(-A)>

    多重人格がそれぞれに主張を譲らずスポット人格が定まらない状態が慢性化し、自閉症に似た症状を見せるCPP障害。

LATOラテンアメリカ大陸条約機構

The Latin American Treaty Organization
A3Wの初期から、豊富かつ希少な霊素の霊田に恵まれ、瞬く間に世界で最も裕福な国々となった。世界の霊素供給の大動脈を握っており、どの陣営もLATOには頭が上がらない。
現在は世界の中心として機能し、様々な国際機関の本部が林立している。
その莫大な財政力を背景に強力な軍隊を持っており、B3Wでアメリカが名乗った「世界の警察官」の二つ名を自称している。
国民は極めて裕福で、次に生まれたい国ナンバーワンにいつも選ばれている。
国民は豊かで何も悩みはない。そんな彼らを見て、他陣営はとても妬ましいと思っているようである。

健全な軍事バランス監視委員会

国際平和調停機構軍 健全な軍事バランス監視委員会

いわゆる世界紛争の監視と介入を担当する紛争の警察であり、事実上のLATO軍である。
彼らは地域紛争の存在を認めるものの、その軍備に上限を設けて監視している。これは、健全な軍事バランスによる 紛争行為は、両国政府と国民の感情を鎮静化し、冷静な対話をする為に必要な冷却期間であるとの考えに基づいている。
その為、健全な軍事バランスによって各陣営には禁じられているスペックの軍備が、彼らにだけは認められている。ガントレットに用いられている技術も、他陣営のものよりも高度なものが許されており、LATOのガントレッ トナイトが非常に強力であるのは疑いようもない事実だろう。
LATOはケッテ(3機編隊)でなくロッテ(2機編隊)を採用しており、ヴァレンティナとマリカルメンはロッテを結成する戦友同士であるようだ。

ヴァレンティナ

ヴァレンティナ(Valentina)

LATOブラジル出身

国際平和調停機構軍健全な軍事バランス監視委員会所属

P3値、空挺機兵適性共に高く、またLATOの特徴である高度に個人調整されたガントレットにより引き出される実力は、かなりのものであると推定されるが、真の実力は不明。

ただ、当局が公開しているプロフィールには、耐久戦闘機動部門で南米王者の経験があると記されている。

瞬間的な爆発力なら誰でも出せるが、耐久部門は体力脳力のみならずエネルギー機動性理論の理解が必須で、これは彼女が単なる天才ではなく、高度な教育と訓練も受けていることを示唆している。

特筆能力
  • <エネルギー機動性理論(SS)>

    対G8MSに甘えた暴力的飛行でなく、地球の法則に則った機動を得意とする。最小限のエネルギーで美しく長く飛行できる。その為、常にエネルギーに余裕を持ち、敵捕捉、火器管制、シールドその他を非常に有利に運用できる。

  • <高出力リジェクションシールド(SS)>

    “健全な軍事バランス”の国際協定によって国際平和調停機構以外には禁じられた高出力のリジェクションシールドを扱える。性能詳細は不明だが、各陣営のエース級でも打ち破れるかどうかは怪しいと噂される。

  • <軍事バランス監視員(A)>

    健全な軍事バランス監視委員会の監視員である彼女は、他陣営の軍部に対し、ある種の越権行為が可能である。LATOを敵に回したい陣営は存在しない為、どこの軍に行っても、一番涼しい部屋でタダでお茶が飲める。

マリカルメン

マリカルメン(Maricarmen)

LATOメキシコ出身

国際平和調停機構軍健全な軍事バランス監視委員会所属

曲芸飛行に天賦の才能があり、軍旗祭に参加が間に合えばメダルは確実だと言われていた。

長いこと、曲芸飛行専門で戦闘に関しての適正はないと思われてきたが、後に、特別な養成機関で戦闘訓練を受けていた秘蔵っ子と判明。LATO内でさえ、彼女の実力は未知数と囁かれている。

ヴァレンティナとロッテを組み、その実力がいよいよ明かされるかと思われたが、今のところ地味な成績しか出していない。その実力は未だに未知数。

特筆能力
  • <能ある鷹は爪隠す(SS)>

    人を驚かせることの大好きな彼女は、その手の内を安っぽく公開したりはしない。それどころか、サプライズの為に無知さえ装う。ほとんどの人間は騙され、彼女を格下に誤解してしまう。それこそ、彼女がニヤリと笑う時だ。

  • <武装同時召喚適性(SS)>

    多数の武器を広域に同時に召喚し、同時に維持し、同時に管理することが出来るその能力は、他陣営のエース級と比べても群を抜いている。彼女の脳力に加え、LATOにのみ許されたテクノロジーのお陰と思われる。

  • <軍事バランス監視員(A)>

    健全な軍事バランス監視委員会の監視員である彼女は、他陣営の軍部に対し、ある種の越権行為が可能である。LATOを敵に回したい陣営は存在しない為、どこの軍の食堂に行っても、タダでデザート食べ放題。

その他

ケロポヨ

ケロポヨ(Keropoyo)

デベソガエル科、デベソガエル属

無料配布AIキャラクターアイコン

コミュケーションツールにデフォルトで入っているキャラクターアイコンで、アーサーワールドレコーズに、世界で最も話し掛けられている対象に認定されている。ちなみに、最も話し掛けられたワードは“お前を消す方法”。

口が悪いとかドスケベであるとか様々な不評があるが、ケロポヨはユーザー毎に最適化されたコミュニケーションを取っているに過ぎない。

かつて、ケロポヨは熟女アダルト動画ばかりを収集するから青少年には不適切であると発言して、墓穴を掘った国会議員もいるらしい。

なお、A3Wの子供たちの多くは、ケロポヨのせいで、カエルにはヘソがあると信じている。

特筆能力
  • <禁止ワード変換(A)>

    予め設定された不適切なワードを“ケロケロ”に変換できる。その為、卑猥な話題や喧嘩などは全てカエルの鳴き声に変換されてしまい、傍目にはカエルの合唱にしか聞こえなくなるという愉快な機能である。
    世界で最も喧嘩を仲裁したとして、アーサーワールドレコーズにも認定されている。

  • <アンインストール抵抗(SSS)>

    是が非でも自身をアンインストールさせまいとする。さんざん苦労してアンインストールの設定に辿り着いても、実行には数百に及ぶチェックボックスが待ち構える。
    設定を少しでも間違えると、秘蔵のマイピク画像がフレンドに一斉送信されてしまう現象を、カエルの呪いと呼ぶ。

小此木

小此木 鉄郎(Okonogi Tetsurou)

AOU日本出身

AOU統合軍本部空挺機兵強化部所属訓練教官

幼児期PP教育以前の世代はP3値は極めて低く、ガントレットを使うことは出来ない。

平和の戦士に憧れて軍隊に入り、身体と心を汗で磨いた、いわゆる旧世代の人間。その為、生まれつきの素養程度で大した努力もなく、左腕に秘密メカを装備したガキどもが新時代の戦争の主役になるなんて、なかなか認めることが出来ずにいる。

空挺機兵についての知識は、教官に相応しい程度には持っている。しかし、自分自身がガントレットを使用できないことは、若者たちを指導する時、コンプレックスになっていないとは言えない。

特筆能力
  • <空挺機兵特性(A)>

    幼児期PP教育以前の世代ではあるが、空挺機兵適性はある。もし将来、ガントレットに求められるP3値が大幅に緩和されたなら、ひょっとしたら小此木にも空を飛べる日が訪れるかも……。

  • <小此木チョップ(B)>

    弛んだ訓練生の頭頂部を一撃して気合を注入できる。調子の悪くなった電化製品の具合も直せる。

藤治郎

御岳 藤治郎(Mitake Toujirou)

AOU日本出身

AOU統合軍本部長付特命少佐

表向きは報道将校となっているが、その実態は、AOU統合軍本部長直属の情報将校で、国益の為ならばあらゆる独断専行が許されるという超法規的権限を持っている。

また、同様の地位を持つ他陣営の情報将校にもコネクションがあり、その主任務は、陣営間の紛争を軍部同士で内部調整する為のものではないかと言われている。

幼児期PP教育以前の世代ではあるが、ガントレットをわずかに扱える希少な中年でもある。

特筆能力
  • <AOU統合軍本部長発行越権コード(SS)>

    AOU統合軍内において、如何なる命令にも本部長権限で介入できる越権コードを持っている。
    もちろん伝家の宝刀。そう易々と使えないように、厳しい内規があると思われる。

  • <情報将校ネットワーク(S)>

    全陣営の情報将校たちとのネットワークを持つ。世界中のあらゆる闇情報を素早く入手できる。それを活かした“お小遣い稼ぎ”で、かなりのカネを貯め込んでいるとの噂だ。

  • <御岳フラッシュ(A)>

    肉眼を経由した写真撮影が趣味で、無意識にベストアングルを探してしまう。
    息子が大好き過ぎて、脳内の画像フォルダは都雄の0歳児からの写真でいっぱいだ。

フィーア

フィーア・ドライツィヒ(Vier Dreissig)

ABNドイツ出身

所属不明

ドライツィヒ変換などの画期的な技術を生み出した天才物理学者。

すでに事故死しており、故人。

生前は、研究一筋で凡人とはまったく話の噛み合わない、奇人であったらしい。

特筆能力
  • <翻訳(SS)>

    彼女にとって研究とは、神が人間に与えた叡智の翻訳であったらしい。
    彼女は常々、もっとも困難で面倒なのは、研究や試行錯誤ではなく、その成果を凡人にもわかる形に翻訳することであると言っていたそうである。

セシャト

セシャト(Seshat)

出身地不明

所属不明

その正体は一切不明。しかし、何らかの秘密騎士団の主宰か、あるいは幹部を務めているようである。

特異な容姿や衣装も、実際にそうなのかアバターだけに過ぎないのかわからない。

特筆能力
  • <8MS直接操作(SSS)>

    タブレット操作を介して、8MSに直接命令することが出来る。現在の人類のテクノロジーでは、8MSへの干渉には大掛かりな設備と準備が必要なはずで、原理不明、理解不能。

  • <亡霊(SS)>

    自分の存在をあらゆる記録から消し去ることが可能。A3Wの監視社会の中で、全ての記録媒体から気配を消すのは、不可能に近いと思われるのだが、原理不明、理解不能な技術により、可能とする。

ジェストレス

ジェストレス(Jestress)

出身地不明

所属不明

正体はおろか、その素顔も常に被っているバイザーにより窺い知ることは出来ない。

何らかの秘密騎士団の幹部を務めているようである。

特筆能力
  • <???(SSS)>

    ???????????????????????
    ???????????????

スリーパーソン

嘆きの王

三人の王の一人。嘆くような口調で話す。リーダー格。

嗤いの王

三人の王の一人。「ひっひっひ」と笑い、どこかおどけたような口調で話す。すっごい痩せてるヤツ。

怒りの王

三人の王の一人。怒ったような口調で話す。大柄のヤツ。


プロメテウス騎士団

グレイ氏曰く、「叡智を守り、来る日にそれを使って人類を救うことが、最高の目的」

グレイ

スリーパーソンを敵視し、「来る日」を第四次世界大戦前の状況であると考えセシャトに反発
叡智19080630と三人の王の計画書を持ち去り、LATO高官に提供しようとした。
裏切りの罪によりセシャトに断罪された。


モブ

マリオ

環境8MS破壊装置の製作者。 その発明により地球の尊厳を、そして自身の並々ならぬ覚悟により自身の尊厳を取り戻した。

マヤ

マヤ・フォシュベリ

AOUスウェーデン出身

シリル

シリル・ネイハンティン・アフリカコモンウェルスレルム

劉天凱

シーモン・ヴィクセル

ヴィタリー・アブリコソフ

デイビッド・ウィルチェック

小川誠英

phase1/登場人物.txt · 最終更新: 2020/03/08 14:52 by cinnamon_long